航空手荷物の賠償基準引き上げ、民航局

中国民用航空局(民航局)は27日、来年の目標などを議論する全国民用航空工作会議で、受託手荷物の賠償基準を引き上げる方針を示した。

28日付北京青年報によると、国内線の利用時に手荷物が破損または紛失した場合の賠償基準は現在、1キログラム当たり少なくとも100元(約1,700円)または100元相当の外貨。サービスの質向上に向け、現行の賠償基準を引き上げる見通し。手荷物の管理をしやすくするために、無線周波数識別(RFID)を普及させる方針も確認した。

航空機への無線LAN(WiFi)の導入や、チケットの払い戻しや変更手続きのより一層の簡略化も進める。旅客からの苦情を一括して受け付けるプラットフォームも構築し、応答率を100%とすることも目指す。

■今年の投資額は825億元

航空分野への今年の固定資産投資額は前年比5.5%増の825億元だった。旅客輸送量は延べ5億4,900万人、貨物輸送量は712万トンとなる見込み。

各航空会社の定時運航率は平均で71%となる見通し。業界全体の1~11月の利益は692億8,000万元で、前年同期比で16.4%増加した。

会議では来年の目標も示され、旅客輸送量は今年と比べ11.4%多い6億1,200万人、貨物輸送量は6.2%増の756万トン、平均定時運航率は75%以上を目指すとした。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

横琴新区とアリババ、街のスマート化で協力(14:06)

水源地の保護を徹底、政府が全国査察(15:35)

テイクオフ:5月18日は「国際博物…(05/21)

ラオス中国鉄道、影響住民への補償承認(05/21)

観光客減で12億米ドル損失も 政府と業界、テロの影響に懸念(05/21)

オフショア元の流動性改善へ 人民銀が新措置、市場で期待の声(05/21)

中国、米国からの輸入拡大へ 両国が合意、数値目標は未設定(05/21)

鴻海・郭董事長、半導体の自社製造に意欲(05/21)

米モロコシへの貿易救済措置、1カ月で中止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン