広東省東部初の小児専門病院、汕頭市で開業

広東省汕頭(スワトー)市で27日、省東部で初の小児専門病院となる汕頭市中心医院児童分院が開業した。28日付南方日報が伝えた。 延べ床面積は6,000平方メートルで、ベッド数は200床。0歳から14歳までの小児患者を診療する。診療科目は神経、呼吸器、心血管、血液、腎臓免疫、消…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

中央企業の賃金決定を柔軟に、新規定施行(15:24)

アフリカ市場の競合企業、中国が初の首位(01/17)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

テイクオフ:広州市の中国茶販売店の…(01/17)

年度ボーナス平均7100元 前年から減少、景気減速を反映か(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

来年9月に沖縄のホテル完成へ、EGL(01/17)

鉱工業生産の鈍化は「複合的要因」、工情省(01/17)

中国企業の海外投資、18年は4.2%増(01/17)

中央企業純利益、18年は1.2兆元で過去最高(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン