広東省東部初の小児専門病院、汕頭市で開業

広東省汕頭(スワトー)市で27日、省東部で初の小児専門病院となる汕頭市中心医院児童分院が開業した。28日付南方日報が伝えた。 延べ床面積は6,000平方メートルで、ベッド数は200床。0歳から14歳までの小児患者を診療する。診療科目は神経、呼吸器、心血管、血液、腎臓免疫、消…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 医療・薬品


その他記事

すべての文頭を開く

旧正月の本土客は53万人 2年連続増加、地場小売りも好調(02/21)

レパダウン銅山、住民が操業中止求めるデモ(02/21)

1月輸出額22%増、半導体や石油製品が好調(02/21)

【アジア労務データ集】失業率・就業者数(152)(02/21)

オープンライス、飲食店向けサービス強化(02/21)

タイヤ原料不足、業界団体が輸入拡大要求(02/21)

蘇寧の香港店が販売商品多角化、粉ミルクも(02/21)

ベトナム製衣料品、対中輸出が急増(02/21)

SRC、ジュロン島の石油精製施設を改修(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン