AP州、EVで投資誘致目標3000億ルピー

インド南部のアンドラプラデシュ州政府は、補助金の交付といった優遇措置の導入を通じ、電気自動車(EV)関連で3,000億ルピー(約5,300億円)の投資を誘致したい考えだ。ソロモン・アロキアラジ州商工次官の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が26日伝えた。 州政府の…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ネループレースに行け…(08/14)

CPI上昇率、7月は4.17%に鈍化(08/14)

車両の輸入規制緩和、業界から懸念の声(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

廃車政策、買い替え時の金利補助導入も(08/14)

現代が来年EV投入、下期にコナを発売(08/14)

アショク、英国で2階建て電気バス受注(08/14)

複合DCM、砂糖と化学事業に130億ルピー(08/14)

マクドナルド、ライスメニューを初導入(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン