AP州、EVで投資誘致目標3000億ルピー

インド南部のアンドラプラデシュ州政府は、補助金の交付といった優遇措置の導入を通じ、電気自動車(EV)関連で3,000億ルピー(約5,300億円)の投資を誘致したい考えだ。ソロモン・アロキアラジ州商工次官の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が26日伝えた。 州政府の…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車金融・保険社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

電子機器の輸出促進政策、6月にも最終案(05/23)

大学生の携帯端末チェック、1日平均150回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン