外食各社が相次ぎ賃上げ、王品は10%増

外食チェーン大手各社は、2018年1月1日からの最低賃金引き上げに伴い、店舗従業員の昇給を実施する。上げ幅が特に大きいのは王品集団で、アルバイトの時給は5~10%、正社員の月給は約10%それぞれ引き上げる。27日付自由時報などが伝えた。 王品によると、早ければ1月1日か…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 商業・サービス雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、西部での投資提案を撤回か(02/20)

【プロの眼】台湾文化の一部分である「台湾映画」の変遷について(02/19)

小学生の保護者向けPR、日本企業が支援(02/19)

新興航空カンボジア・エア、下期に台湾就航(02/16)

テイクオフ:杏仁豆腐が無性に食べた…(02/14)

中原大学の産学連携に期待感 企業が認める大学、私大部門2連覇(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン