• 印刷する

外食各社が相次ぎ賃上げ、王品は10%増

外食チェーン大手各社は、2018年1月1日からの最低賃金引き上げに伴い、店舗従業員の昇給を実施する。上げ幅が特に大きいのは王品集団で、アルバイトの時給は5~10%、正社員の月給は約10%それぞれ引き上げる。27日付自由時報などが伝えた。

王品によると、早ければ1月1日から段階的に賃上げを進め、アルバイトの時給は最大195台湾元(約740円)となる。正社員には3月1日以降、地域手当や皆勤手当を加えるほか、初任給を現行比約10%高い3万~3万1,500元とする。

台湾電機大手の東元電機(TECO)が台湾で合弁展開するモスバーガー(中国語名:摩斯漢堡)は、1月1日から最低3%、平均4.2%の賃上げを行う。同店は「近年の売り上げは安定して伸びており、賃上げは従業員の士気向上が目的」と説明している。

このほか、美食達人が展開するパン・コーヒーチェーン「85度C」は3%前後の賃上げを決定。ファストフード世界大手、米マクドナルドの台湾事業を行う台湾麦当労餐庁とケンタッキーフライドチキン(KFC)の台湾肯徳基も、「労動基準法(労基法)」に基づいた上で各人の経歴や成績に応じて賃金を引き上げる。

台湾労動部(労働省)は8月、18年1月1日から最低賃金を現行の2万1,009元から4.7%高い2万2,000元に、最低時給を133元から5.3%高い140元にそれぞれ引き上げることを決定した。

「85度C」は約3%賃上げ(NNA撮影)

「85度C」は約3%賃上げ(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売り雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

景気楽観指数、3カ月ぶりマイナス幅拡大(12:58)

テイクオフ:「こんにちは。●●候補…(10/22)

台鉄特急が脱線、18人死亡 負傷者187人、事故原因は調査中(10/22)

TSMC董事長、18年売上高1兆元突破に自信(10/22)

半導体ベンチャーの仏企業、台湾に海外初拠点(10/22)

光学デバイスの先進光電、中科に工場建設へ(10/22)

啓碁が茂迪の工場を買収、台湾での生産強化へ(10/22)

ステンレスの運ショウ、寧波の新工場を稼働(10/22)

台塑石化、米ルイジアナ州に工場用地取得(10/22)

愛之味、ネスレ飲料を年内に香港で発売(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン