18年の工業用地売却、上半期は13区画

シンガポール通産省は27日、国有地売却(GLS)計画に基づき、2018年上半期(1~6月)に13区画の工業用地を放出すると発表した。17年下半期(7~12月)の14区画からほぼ横ばい。 売却する用地の敷地面積は計12.56ヘクタール。 放出する用地を入札方式別に見ると、応札を表明…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:史上初の米朝首脳会談の…(08/20)

テイクオフ:18日に待望のジャカル…(08/20)

生活費の上昇で各種支援策 施政方針演説、精神面の豊かさも(08/20)

7月輸出は12%増、非電子が2桁増と好調(08/20)

ABCクッキング、国内2号店を開業(08/20)

公共事業への入札要件緩和、中小企業に(08/20)

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/20)

屋台街の電子決済で共通端末、政府が導入計画(08/20)

ライド、配達サービスに配車の運転手活用せず(08/20)

不動産開発2社、北東部で大型複合施設を開発(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン