火山噴火で打撃のバリ経済、政府がてこ入れ

インドネシア政府は、アグン山噴火で打撃を被ったバリ島の経済に対して、てこ入れを進めている。22日にはジョコ・ウィドド大統領が同島を訪問し安全をアピール、ユスフ・カラ副大統領も近く訪れる予定。地元各紙が伝えた。 金融監督庁(OJK)は近く、バリ島内の債務者を対象に…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融・保険観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

中小の法人税率、7月から0.5%に引き下げ(05/25)

韓国ロッテE&C、高層住宅建設に参画(05/25)

韓国系繊維、カラワンでスニーカー素材工場(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン