• 印刷する

東京センチュリー、オートリース事業を統合

東京センチュリーは27日、タイ子会社2社のオートリース事業を来年1月に統合すると発表した。市場環境や顧客のニーズが変化する中、専門性を強化して事業基盤を固める。

ティスコ東京リーシング(TTL)の事業を、今年3月に設立したオートリース専業会社TCカー・ソリューションズ(タイランド、TCCS)に移管する。対象は、メンテナンス付きオートリース事業にかかる従業員、営業施設、リース車両、リース債権など。TTLが使用する「ニッポンレンタカー」ブランドも引き継ぎ、「NIPPON Rent-A-Car Leasing」として展開する。

TTLは、タイの金融大手ティスコ・フィナンシャル・グループなどとの合弁で1993年4月に設立。総合リース業を手掛け、2013年12月からオートリース事業を展開していた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電子書籍の隆盛で、書店…(10/17)

【高齢化の諸相】1人暮らしを「遠隔見守り」 日本のセンサー技術、普及目指す(10/17)

日本産の農産物・食品商談会、新鮮さPR(10/17)

ドイカム、東北第4工場の増強計画を延期(10/17)

グラブ、交通事故防止向け投資倍増へ(10/17)

EVの税制を近くとりまとめ=物品税局長(10/17)

商社ロクスレー、電動トゥクトゥクを発売(10/17)

英トライアンフ、新型車投入で販売3千台へ(10/17)

米フォード、3モデルの販売を一時停止(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン