東京センチュリー、オートリース事業を統合

東京センチュリーは27日、タイ子会社2社のオートリース事業を来年1月に統合すると発表した。市場環境や顧客のニーズが変化する中、専門性を強化して事業基盤を固める。

ティスコ東京リーシング(TTL)の事業を、今年3月に設立したオートリース専業会社TCカー・ソリューションズ(タイランド、TCCS)に移管する。対象は、メンテナンス付きオートリース事業にかかる従業員、営業施設、リース車両、リース債権など。TTLが使用する「ニッポンレンタカー」ブランドも引き継ぎ、「NIPPON Rent-A-Car Leasing」として展開する。

TTLは、タイの金融大手ティスコ・フィナンシャル・グループなどとの合弁で1993年4月に設立。総合リース業を手掛け、2013年12月からオートリース事業を展開していた。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

対タイ貿易150億ドルへ、作業部会設置で合意(02/23)

日タイでウィンウィン目指す JFC商談会に過去最高の400社(02/23)

小型バイク物品税、環境対策で引き上げへ(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

ニッポンパック、食品開発でCPと提携(02/23)

栄養飲料カラバオ、子会社統合で大幅減益(02/23)

飲料セッペ、低糖飲料投入で1割増収目標(02/23)

米が貿易救済調査、中国などの輪ゴムに(02/23)

現場の改善事例、デンソーが東京で講演(02/23)

タイ企業が事業拡大に関心、商談会開催(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン