環保署、仏EOLFIの桃園風発案件を差し戻し

台湾の行政院環境保護署(環保署)は26日、フランスの風力発電企業EOLFIが、桃園市観音区の沖合で計画している浮体式洋上風力発電所の建設案を経済部(経済産業省)に差し戻した。建設場所が船舶の航行海域と重なり、航行リスクが増すことを理由に挙げた。27日付工商時報が伝…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台湾の精錬会社、金回収技術を売り込み(16:55)

後見制度支援信託、台湾でも導入検討へ(18:55)

テイクオフ:人口の高齢化に伴い、日…(10/18)

星野リゾートが香港でPR 「重要な市場」、外国人利用増へ(10/18)

ゴゴロ、新たに2社とEV協業 バッテリー交換共用、市場拡大へ(10/18)

緯創が中国EV向け部品拡大、蔚来の出荷増で(10/18)

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(10/18)

南亜、3Q純利益は四半期で最高(10/18)

正ワイ、ヤンゴンに工場建設=米中貿易摩擦で(10/18)

太陽電池の元晶、年内に従業員2割削減(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン