環保署、仏EOLFIの桃園風発案件を差し戻し

台湾の行政院環境保護署(環保署)は26日、フランスの風力発電企業EOLFIが、桃園市観音区の沖合で計画している浮体式洋上風力発電所の建設案を経済部(経済産業省)に差し戻した。建設場所が船舶の航行海域と重なり、航行リスクが増すことを理由に挙げた。27日付工商時報が伝…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台北の裏面も見ておい…(05/21)

通信・IoTは年5000人必要 国発会、今後3年の人材需給発表(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

鴻海・郭董事長、半導体の自社製造に意欲(05/21)

行政院長が張忠謀氏と会談、スマート社会実現で(05/21)

メッキのNAKARAI、台湾での薬剤販売が好調(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

統一企業がアルミパックの生産増強、年末稼働(05/21)

大同の増資計画、使途不明で株主が不認可要求(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン