来期の業界見通し、楽観視も NNAインドネシア調査(下)

インドネシアに拠点を置く日系企業の約半数が、属する業界の来期(2018年度)の見通しについて前向きであることが、NNAが実施した景気動向調査で明らかになった。一方で「見通しが不鮮明」という回答も約4割に上っている。人件費高騰により、非正規社員、現地採用社員の採用に…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計製造一般商業・サービス雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

韓国GS建設、地場と合弁で住宅開発に参画(18:41)

神田外語大、ジャパンセンター開所へ(17:29)

米ヒルトン、15軒の高級ホテル開業へ(15:47)

ブカシの高速道で車両規制 来月12日から、首都方面のみ(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

ユーロカーズ、新マツダ車2種投入(02/23)

イナルム、年産100トンのアルミ工場建設へ(02/23)

首都の二輪車専用レーン廃止へ(02/23)

空港運営AP1、設備投資額は前年比2倍超(02/23)

バリ島など3港の工事業者決定、ペリンド3(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン