• 印刷する

テイクオフ:年末年始に旅行を計画し…

年末年始に旅行を計画している向きも多いと思う。個人的には海外旅行はあまり好きではない。なぜなら大抵、料金をぼったくられるからである。ぼられると負けた気分になるからである。

聖なる大河、ガンジス川の沐浴で有名なウッタルプラデシュ州バラナシでのこと。小型の遊覧ボートを利用しようと「エンジン付は手漕ぎの倍の料金」と言われるまま支払った。翌朝、今度は手漕ぎを頼むと、同じ人物が「手漕ぎは大変だからエンジン付きの倍」と平然と言う。昨日と話が違うと抗議すると、「じゃあ同じでいいよ」。「いやいやいや、昨日は半分といったじゃないか」。

旅先ではたいていこんなやり取りが繰り返される。元気なうちは根気強く交渉もできるが、疲れてくるとその気も失せる。最近は多少のぼったくりは「旅行者の義務」と諦めている。その方が自分も相手も笑顔でいられるからだ。(須)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、1Qは増収増益 輸出減少も国内需要が拡大(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

人気SUV車種の販売失速、ビターラなど(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

スクーターレンタルのボゴ、事業拡大へ資金(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不振のジェットエア、関連会社の売却を検討(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン