テイクオフ:高級店が成功しにくい土…

高級店が成功しにくい土壌――。台湾の飲食業界の特徴を、知人に問うとそんな答えが返ってきた。台湾は商品単価が300台湾元(約1,100円)未満の、スイーツやラーメンなどを売る比較的ライトな店が受けやすいとのこと。

なぜか。台湾の人口は約2,300万人だが、このうち約600万人はビジネスで中国に住み着いたり往来しているという。消費能力の高い人たちは中国に出てしまったため、台湾には老人と子どもばかりが残されているのだとか。

その見解は極端すぎるとはいえ、ランチを食べに入ったあるカフェでは、確かに高齢者の方が多かった。その一帯のカフェは、どこもビジネスマンより高齢者の比率の方が断然高かった記憶がある。台湾はおしゃれな大都会というよりも、庶民の街。気取った高級店よりも、気軽に入れるライトな店の需要が高いという彼の見解も一理ある。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ビール2本につきタマ…(05/22)

日台で電動二輪車用電池を開発 中油とTDK、年末までに合弁会社(05/22)

TSMCの7ナノ、6月にも出荷へ(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

聯発科技、ホームポッド廉価版にチップ供給か(05/22)

中国の格力、鴻海とロボット生産で提携(05/22)

群創、従業員72人解雇で波紋(05/22)

力晶、中国・ビットメインにメモリー供給(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン