• 印刷する

テイクオフ:高級店が成功しにくい土…

高級店が成功しにくい土壌――。台湾の飲食業界の特徴を、知人に問うとそんな答えが返ってきた。台湾は商品単価が300台湾元(約1,100円)未満の、スイーツやラーメンなどを売る比較的ライトな店が受けやすいとのこと。

なぜか。台湾の人口は約2,300万人だが、このうち約600万人はビジネスで中国に住み着いたり往来しているという。消費能力の高い人たちは中国に出てしまったため、台湾には老人と子どもばかりが残されているのだとか。

その見解は極端すぎるとはいえ、ランチを食べに入ったあるカフェでは、確かに高齢者の方が多かった。その一帯のカフェは、どこもビジネスマンより高齢者の比率の方が断然高かった記憶がある。台湾はおしゃれな大都会というよりも、庶民の街。気取った高級店よりも、気軽に入れるライトな店の需要が高いという彼の見解も一理ある。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

岐阜県、県産製材を売り込み 海外初の常設展、ヒノキなどPR(11/16)

TSMC3ナノ新工場、環境アセス判断先送り(11/16)

合晶が上海工場移転へ、現地政府の要請受け(11/16)

モジュールの聯徳、桃園に工場建設(11/16)

威盛電子、3D撮影技術で米国新興企業と提携(11/16)

TTLが南投工場拡張、ウイスキー好調で(11/16)

年興、アフリカ・レソト新工場は19年稼働(11/16)

昇降機の崇友、東南アジアへの進出検討(11/16)

台中でアウトレット増加、19年は3施設に(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン