スーチー氏母の名冠す病院、中国支援で改装

ミャンマー最大都市ヤンゴンのバハン郡区で23日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の母の名を冠した病院が改装を終え診察を再開した。改装は中国の支援で行われ、記念式典にはスー・チー氏が出席した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが24日伝えた。

看護師だったスー・チー氏の母の名を冠し、同氏の生家近くに建てられた「ダウ・キン・チー・ウィメンズ病院」は、在ミャンマー中国大使館と中国和平発展基金会(CFPD)の資金援助で改装された。

スー・チー氏は式典で演説し「民族和解には、全ての国民への思いやりが必要」とし、「母の名を冠した病院を、国民に奉仕する立派な病院に成長させてくれたことに感謝している」と話した。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 医療・薬品政治

その他記事

すべての文頭を開く

汚職委、計画・財務相を聴取 報告書を近く大統領に提出(05/25)

〔寄り道〕ヤンゴンのシンボル、シュエダゴン…(05/25)

マンゴー「セインタロン」輸出、毎日10トン(05/25)

財政赤字補てん、中銀から520億円借り入れ(05/25)

パアン工業団地、投機目的の買占で開発遅延(05/25)

都市・住宅開発局、4大事業の推進に注力(05/25)

国内歳入局、申告納税制度を近く導入(05/25)

老齢年金受給、10月から85歳に引き下げ(05/25)

英上場のMSH、地場ITコンサルに出資(05/25)

政府、今後10年で60万エーカーの森林再生(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン