• 印刷する

旅行協会と湖北省派遣団、観光振興で覚書

ミャンマー旅行業者協会(UMTA)と、中国湖北省の観光開発派遣団は25日、相互の観光振興に向けて協力する旨の覚書(MOU)を交わした。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが26日伝えた。

ミャンマーへの誘客プロモーションを展開するほか、国際チャーター便を運航する方針。電子ビザ(査証)、ビザ・オン・アライバル(VOA、到着ビザ)の在り方も検討する。

ミャンマー最大都市ヤンゴンで開かれた調印式で、UMTAのテト・ルウィン・トー会長と、派遣団長ヤン・プリウ氏が覚書に署名。式典では湖北省の観光地の映像も流され、ミャンマーの観光業者も高い関心を示した。

テト・ルウィン・トー会長は、中国の経済成長率は7%前後で推移し、10億人以上の人口のうち中産階級が3割にも達していると指摘。「内陸部に住む中国人は主に、ビーチなど沿岸部を訪れている」と話し、国内のビーチリゾートなどへの誘客に努める意向を示した。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

アルプス技研が職業訓練校 農業、介護分野で高度人材を(11/16)

〔寄り道〕「まるでピクニックみたい」。バング…(11/16)

ヤンゴン高架環状道、第1期は12社が応札(11/16)

〔政治スポットライト〕豪首相、サミットで外交問題打開目指す(11/16)

外銀、地場企業への外貨建て融資も可能(11/16)

外国投資は現政権下で増加、副計画・財務相(11/16)

ロヒンギャ帰還延期、バングラ「難民合意せず」(11/16)

ロヒンギャ問題に懸念、ASEAN議長声明(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン