【年始特集】アジア景況感、大きく改善 好転が倍増、中華圏でも顕著

アジアに進出する日系企業の2018年の景況感は、17年から飛躍的に好転した。NNAが昨年12月に実施したアジアの駐在員を中心としたアンケートで、「良くなる」は前年よりも10ポイント以上高い37.0%に達した。ほとんどの国で数字が改善。インドやベトナムといった「成長国」だけで…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾韓国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンオーストラリアインド日本メコン流域アジア東アジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(15:47)

テイクオフ:女子テニスの年間成績上…(10/23)

90%を「つながる車」、日産連合が22年までに(10/23)

若年の失業率、7%に近づく 大卒の就職難続き強まる海外志向(10/23)

石油・ガス業界向けコンサル強化 横河電機傘下KBC、新ハブ設立(10/23)

企業の報奨旅行、インドで盛況 旅行会社は訪日誘致に熱戦(10/23)

台鉄事故原因はスピード超過 調査委発表、列車運行は部分再開(10/23)

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

東急建設、ヤンゴン―マンダレー線で受注(10/23)

オッポ、高価格帯新スマホを日本で発売(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン