ホテルオークラ、マニラで2軒開業へ

ホテルオークラは、2018年からマニラで相次いで2軒のホテルを開業する。20年までに、開業予定を含め全世界で運営するホテルの数を現状の72軒(日本国内47軒、海外25軒)から100軒に増やす目標を掲げており、成長著しいアジアを中心に新規展開する戦略の一環となる。同社ならではの「和のもてなし」を前面に出すとともに、複数拠点を設けることでブランドの認知度を高め、現地の富裕層を取り込む。

同社はこのほど、フィリピンの統合カジノリゾート(IR)運営大手トラベラーズ・インターナショナル・ホテル・グループと、トラベラーズがマニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に隣接する地区に所有するIR施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」内に建設するホテルの運営管理契約を11月3日に締結したと発表した。

ホテルは地上11階建てで、客室数が191室、標準客室面積は約60平方メートルとなる。日本料理などのレストランやバーに加え、宴会場・会議室を4室、プールやフィットネスを備える。ホテルはトラベラーズが建設中で、18年秋頃に完成する予定。オークラが「ホテルオークラマニラ」(仮称)として運営を請け負う。

オークラはこのほか14年10月に、トラベラーズの子会社リゾーツ・ワールド・ベイショア・シティー(RWBCI)と、RWBCIが首都圏パラニャーケ市のマニラ湾岸部に建設するホテルの運営委託契約を締結したと発表。「ホテルオークラ」ブランドとなる同ホテルは地上13階建て、客室数380室で、20年以降の開業を予定している。

オークラは、20年までに開業予定を含め運営ホテル数を100軒に増やし、うち海外で50軒を展開する計画。海外では最高級ブランド「オークラプレステージ」と「ホテルオークラ」、「ホテル・ニッコー」と高級版の「グランド・ニッコー」を展開していく。現在、東南アジアではタイ・バンコクで「オークラプレステージバンコク」を運営している。

東南アジアの高級ホテル市場は、米系や香港系などの大手が先行しているため、成長が期待できる地域には1カ国・地域に複数の拠点を設け、日系オペレーターとしての存在感を高める戦略。マニラの2ホテルのほか、18年にはタイに「ホテル・ニッコー・バンコク」、20年にはベトナムに「同ハイフォン」、「オークラプレステージサイゴン」、ミャンマーに「同ヤンゴン」、カンボジアに「同プノンペン」をそれぞれ開業する予定だ。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

カガヤン港改修に210億円、投資誘致へ(05/25)

港湾庁、1Qは9%増収も支出かさみ減益(05/25)

新興プレハブ住宅社、プエルトリコから受注(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン