• 印刷する

日本触媒が洗剤原料の製造検討、PTT参画

日本触媒が、タイで液体洗剤などに使われる界面活性剤の製造・販売に向けた検討を進めている。26日には、三井物産とタイの国営石油PTT子会社の3社で、合弁事業に関する検討を進めるための覚書を締結したと発表。同社にとって海外初の界面活性剤の製造拠点として、拡大が見込める東南アジアの需要に対応する。

製造を検討しているのは、酸化エチレンを原料とする界面活性剤「ソフタノール」。計画では東部ラヨーン県のヘマラート・イースタン工業団地を候補地とし、2022年の商業運転の開始を目標に検討を進める。PTTの石油化学子会社PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)から酸化エチレンの供給、三井物産から物流面で協力を受ける。投資額や工場の年産能力などの詳細はこれから詰め、19年3月期中に投資判断を下す予定。

日本触媒の担当者によると、ソフタノールは日本の川崎工場で製造しており、一般家庭用の液体洗剤や、工業用の洗浄剤などで幅広く使われている。今後は経済成長が続く東南アジア市場の需要取り込みを強化する方針で、原料の調達面で優位性のあったタイを事業拠点の候補に選んだという。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アユタヤ銀、日本でQRコード決済を導入(18:51)

12月末まで到着ビザ無料に、中国など21カ国(18:36)

テイクオフ:バンコクで「トトロ」に…(10/18)

【高齢化の諸相】「白紙市場」日系が先陣争い 腎臓病米飯、介護食品導入も図る(10/18)

粉粒体機器アイシン産業が製造拠点(10/18)

BGコンテナグラス、18日に上場(10/18)

医療機器ピュアロン、タイ企業と合弁設立(10/18)

NBDヘルスケア、オーラルケア製品を拡販(10/18)

不動産V、プラカノン駅でコンド開発(10/18)

カンボジアとタイ、海洋観光で協力(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン