• 印刷する

テイクオフ:年末年始の一時帰国に備…

年末年始の一時帰国に備え、手持ちのペソを日本円に交換しに両替所へ通った。マカティ市内のモールにあり、よく利用する両替所は混んでおり、大量の米ドル札をペソに替える現地の人などでごった返していた。

自分の順番になり「日本円を買いたい」と言うと、「きょうはもうないので、明日の午後5時以降に来て」とのこと。翌日行くと、自分の順番の前には、大量のペソを日本円に替える人。「きょうはこれだけしかありません」と、出したペソ紙幣の半分以上を突き返されていた。きょうもダメかとあきらめかけていると、「あなたのためにとっておいた」と数十万円を両替してくれた。

別の日にまた行くと「日本円はもうない」とのこと。ネットで調べ、マニラ市内の両替所へ行く。難なく日本円に両替でき、しかも、レートがかなり良い。いつも行く両替所の人の優しさが恨めしく思えた。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(14:53)

NYのマグノリアベーカリー、東南ア1号店(14:53)

不動産アヤラ、首都圏4カ所に宿舎建設(14:54)

テイクオフ:雨期真っ盛りのフィリピ…(08/14)

PLDT請負業者への命令撤回せず、労働省(08/14)

JGサミット、石化など不調で上期3割減益(08/14)

13日為替:$1=53.370ペソ(↓)(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

魚の輸入関税5%に固定も、物価抑制策で(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン