18年成長率2.8~3.0%に、韓国各研究機関

聯合ニュースが実施した韓国の主要経済シンクタンク6機関へのアンケートによると、2018年の韓国経済の成長率は2.8~3.0%と予想された。17年の3.1~3.2%成長に比べると小幅鈍化する見通しだ。輸出の増加率が大きく縮小し、設備投資と建設投資も振るわないとみられる。

来年の成長率について2機関が3.0%、1機関が2.9%、3機関が2.8%と予想した。輸出の増加率鈍化が響くもよう。17年は通関ベースで13%程度だが、来年は3~6%の1桁増にとどまるとの見方が多い。原油価格上昇や世界IT景気の好調、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反発した中国の報復措置の緩和などはプラスだが、ウォン高や半導体以外の主要輸出品目の輸出単価下落などにより、増加率が押し下げられる見通しだ。

また、設備投資の増加率は今年の2桁から来年は3%前後に落ち込むと予想された。建設投資の増加率も7%台から1%未満、あるいはマイナスになりそうだ。民間消費の増加率も小幅改善にとどまるとみられる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

洗濯機の対米輸出が45%減 セーフガード発動が影響(04/24)

韓進グループを家宅捜索、密輸・脱税容疑で(04/24)

中小企業の85%、海外進出で苦境打開へ(04/24)

タタ「ティアゴ」販売好調、小型車で2位に(04/24)

VC投資が過去最高、ITやバイオで伸び(04/24)

LG電子、中古スマホの下取りサービス(04/24)

国別のスマホ価格、5月から政府が公開(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン