テイクオフ:秋の中国共産党大会で、…

秋の中国共産党大会で、中国の「新時代入り」を自賛する習近平総書記が、2期目の政権基盤を盤石にした。20年ぶりにアジアに関わることになった身にも、今年は中国の変貌を実感する年だった。

夏に訪れたラオスでは、山奥を走っていて、中国による鉄道建設の現場に遭遇した。急カーブが続く道を、資材満載のトラックが這い上り、向こうの山にトンネルが黒々と口を開ける。森の緑と、削られる地肌に、赤青2色の工事看板がやけに鮮やかに見えた。古都ルアンプラバンの郊外には中国語の不動産広告が立ち、空港に行けば、免税店の「¥」の値札は、日本円でなく人民元のことだった。

先日、古くからの中国の知人と都内で会食した。彼の3度目の日本赴任を祝うつもりが、互いの国の変化に盛り上がった後「ここは僕が……」。初めておごられ、それに違和感がない自分に、また驚いた。(範)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月(春節)になじみ…(02/20)

海外進出後の中小企業支援、政府(02/20)

本格化する外国人の家事代行 ニチイ、戦略特区でサービス開始(02/20)

大型EV「電費」測定へ、1kWh時の走行距離(02/20)

豪米、インフラ融資枠議論へ 日印連携で中国の一帯一路に対抗(02/20)

18年新車販売は前年並み、自動車工業会予測(02/20)

3社連合の在り方熟慮、ゴーン氏が会見で指摘(02/20)

日通現法、ゴーベル工業団地で新倉庫建設(02/20)

民泊エアビーの香港利用、旧正月は5割増(02/20)

第1ターミナルの到着ロビー、地下に移転へ(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン