【番外編】アンコール遺跡、25年ぶり入域料値上げ

カンボジアの北西部シエムレアプ州にある国内有数の観光地アンコール遺跡群で、2月から外国人の入域料が従来比で20~85%値上げされた。1990年代初めの公開以来、約25年間で値上げは初めて。入域者数の減少が懸念されたが、値上げ後も入域者数は2桁増と好調に推移した。 1日…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

上院選、与党が全議席獲得 対抗勢力なく、国際批判は必至(02/26)

日カンボ外交樹立65周年、安倍首相が祝辞(02/26)

対タイ貿易150億ドルへ、作業部会設置で合意(02/26)

中国語メディア、関係強化で需要拡大(02/26)

小口金融業者、担保返還を3営業日内に短縮(02/26)

汚職指数ランク、カンボジアなど下位低迷(02/26)

首相、8項目の労働者支援策を指示(02/26)

不法就労外国人、自首すれば処罰せず(02/26)

エスコーラ、今年は5億バーツで販促(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン