【番外編】アンコール遺跡、25年ぶり入域料値上げ

カンボジアの北西部シエムレアプ州にある国内有数の観光地アンコール遺跡群で、2月から外国人の入域料が従来比で20~85%値上げされた。1990年代初めの公開以来、約25年間で値上げは初めて。入域者数の減少が懸念されたが、値上げ後も入域者数は2桁増と好調に推移した。 1日…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

携帯メットフォン、高速4.5Gサービス開始(05/23)

北京の進出企業、商工会組織を発足(05/23)

連棟住宅の需要増、17年時点で計画500棟(05/23)

コメ貯蔵乾燥施設3カ所、7月に完工予定(05/23)

総選挙で16政党の登録認可、4党は審査延長(05/23)

不敬罪で2件目の逮捕、70歳の理髪師(05/23)

【カンボジア街歩き】3大問題に悩むプノンペン 第14回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン