• 印刷する

スタートアップの資金調達額、3年で7倍に

香港創業私募投資協会(HKVCA)のまとめによると、香港のスタートアップ企業による今年の資金調達額は12月中旬までに11億4,500万米ドル(約1,300億円)に上った。前年の約2倍。3年前の2014年からは7倍以上となった。明報が伝えた。

香港のモバイル決済サービス業者、TNGアジアがシリーズA投資ラウンドで約1億1,500万米ドルを調達するなど、大型案件が調達額全体を押し上げた。1社当たりの平均調達額は4,240万米ドルで、前年から2,280万米ドル増えた。

HKVCA研究委員会の謝迪洋会長は「今年の調達動向から来年も楽観できる」と述べ、スタートアップ企業による来年の調達額が過去最高を更新するとの見通しを示した。ただ1社当たりの平均調達額は減少に転じるとみている。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

周大福、7~9月の香港マカオ市場25%増収(10/19)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

世界競争力報告、香港は7位に(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

小反落、石油関連に売り=香港株式(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

旺角T.O.P、テクノロジー活用で集客(10/19)

上水の薬局に打撃、運び屋対策強化などで(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン