イートンハウス、東部に低学費インター校開校

教育サービスを提供するシンガポールのイートンハウス・インターナショナル・エデュケーション・グループは22日、2018年5月に東部タンピネスに「ミドルトン・インターナショナル・スクール(MIS)」を開校すると発表した。学費は従来のインター校の約半額という。

イートンハウスは今年1月、中部ブキティマにMISを開校しており、タンピネス校は2カ所目。対象年齢は3~18歳で、生徒数は約1,000人となる予定。初等部では、英語は英国、算数、理科などはシンガポール教育省のカリキュラムに沿って教える。中等部では英国の「ケンブリッジIGCSE(国際中等普通教育証明書)」プログラム、高等部では世界レベルの大学進学に適した「ケンブリッジ・インターナショナルAS&A」プログラムをそれぞれ提供する。

学費(消費税=GSTを除く)は、初等部(1~5年生)で年間1万5,000Sドル(約126万6,000円)、中等部(6~10年生)で同1万7,250Sドル、高等部(11~12年生)で1万9,837Sドル。

ブキティマ校は、学費が安いインター校として駐在員の子息を中心に人気を集めており、入学者がすぐに定員に達した。現在は大半の学年で空き待ちの状態という。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

車両購入権価格、商用車除き値下がり(06/21)

訪日シンガポール人、5月は15%増加(06/21)

シンガにマンゴー輸出停止、商標権侵害で(06/21)

中小企業の景況感堅調、貿易摩擦など懸念も(06/21)

ペイナウ、8月から法人でも利用可能(06/21)

株価6日ぶり反発、UOB銀は0.5%高(06/21)

LCCスクート、ベルリン直行便を就航(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン