• 印刷する

韓国エディソン、来年に電気バス試験運行

韓国の電気バスメーカー、エディソン・モーターズ(旧TGM)は、タイの首都バンコクで来年6月に電気バスの試験運行を開始する。21日には、タイの関係4機関と試験運行に関する覚書を交わした。22日付バンコクポストが報じた。

覚書を交わしたのは、バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公団(BMTA)、国立キングモンクット工科大学トンブリ校(KMUTT)、タイ研究基金、タイ発電公団(EGAT)。

エディソンの電気バスをBMTAのバスルート20、21、76、140、141で試験運行し、1回の充電における最長走行距離やバッテリーの消費量などを調査する。同バスは韓国で1回の充電につき最長170キロの走行が可能だが、バンコクのような高温下での走行状態を把握し、実用化につなげる。運行期間中はバンコクのバンクンティアン地区で、KMUTTが充電スタンドを提供する。

エディソンは6月、タイの自動車関連4社に電気バス生産の技術を供与することで覚書を締結。現地生産に向けた事業化調査も進めている。


関連国・地域: 韓国タイ
関連業種: 自動車・二輪車運輸

その他記事

すべての文頭を開く

関西電力、帝人のタイ工場向けに熱電供給(02/22)

1月の自動車生産は8%増 国内向け好調、輸出用に減速感も(02/22)

1月の自動車輸出、1%減の8.2万台(02/22)

マルカキカイ、タイでの車部品輸出から撤退(02/22)

チェンマイのレッドライン、事業化調査開始(02/22)

スワンナプーム第2ターミナルの設計破棄へ(02/22)

中国能源、ウタパオ空港の発電事業に参画(02/22)

漢来美食、CPとタイに海鮮レストラン開業(02/22)

発電ラチャブリ、年内に最大920億円を投資(02/22)

タイオイル、23年までにユーロ5軽油を生産(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン