EGCO、フィリピンの石炭発電所を売却

タイの民間発電大手エレクトリシティー・ジェネレーティング(EGCO)は18日、フィリピンで石炭火力発電所を運営するマシンロック・パワー・パートナーズ(MPPCL)の全保有株49%を、同国の複合企業サンミゲル・コーポレーション(SMC)に売却すると発表した。売買額は…

関連国・地域: タイフィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「タイ人女性は見下され…(06/04)

住宅開発1Q決算、42%減益 コロナ禍でコンド販売わずか3割(06/04)

ブルーラインの延伸区間で住宅価格上昇(06/04)

ウタパオ空港拡張、BBSの落札を閣議承認(06/04)

ジップエア貨物便で初就航、成田―バンコク(06/04)

高架鉄道BTS、19年度は純益2.6倍に(06/04)

BEM、新型コロナで今年15%減収見通し(06/04)

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン