新共用オフィスはほぼフル稼働 米大手、ハード・ソフト両面充実

コワーキングスペース(共用オフィス)大手でソフトバンクグループが出資する米ウィーワークは、シンガポールを含む東南アジア地域を有望市場と位置付けている。シンガポールでは昨年12月に域内初のコワーキングスペースを開業し、稼働率は既にほぼ100%に達している。ハード・ソフ…

関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 建設・不動産サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、フラ…(06/20)

生鮮卵の輸出モデル構築へ 沖縄県、飲食店への提供から(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

国立大と南洋大がアジア首位、世界大学ランク(06/20)

年内の就職・転職検討が4割、蘭社調査(06/20)

経営者の3割が従業員を降格、米社調査(06/20)

太陽光発電サンシープ、台湾に合弁会社(06/20)

建設業界に復調の兆し、雇用も増加(06/20)

LG電子、自社OSの用途拡大に注力(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン