【第5位】朝鮮半島情勢が緊迫、日系もBCP見直し

2017年は朝鮮半島の緊張感がかつてないほど高まった1年間だった。北朝鮮が核・ミサイル開発を進めたのに対し、米トランプ政権が北朝鮮への軍事オプションをちらつかせるにらみ合いが継続。韓国に進出した日系企業は事業継続計画(BCP)の作成や全面見直しを迫られた。 中東…

関連国・地域: 韓国北朝鮮米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

LINEを折半出資会社に、ネイバーとSB(13:27)

韓国企業、国内初のオンライン宝くじ販売へ(11/18)

テイクオフ:米投資ファンドのローン…(11/18)

日韓統合ならネイバーに好機 米中大手に対抗へ、金融も視野か(11/18)

日本製品不買、韓国製品への恩恵薄(11/18)

日本が液体フッ化水素の輸出許可=韓国報道(11/18)

サムスンのR&D投資、1~9月は過去最高(11/18)

LG化学、SKイノの即刻敗訴求める(11/18)

レクサスなど2.4万台リコール、国土交通省(11/18)

米、韓国産鋼板の反ダンピング関税免除へ(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン