イオン、家具合弁会社の株保有率引き下げ

イオン・マレーシアは12日、タイの家具製造・販売大手インデックス・リビング・モールとの合弁会社「イオン・インデックス・リビング」の保有株式を、70%から49%に引き下げることで合意したと発表した。

イオン・インデックス・リビングは2014年、クアラルンプールの同本社内で設立。資本金は4,500万リンギ(約12億5,000万円)で、出資比率はイオンマレーシアが70%、インデックス・リビング・モールが30%だった。今後は、インデックス・リビング・モールが株式51%を保有して経営権を握る。イオン・マレーシアは、今回の株式売却額を明らかにしていない。17年12月期の業績に与える影響はないとしている。

イオン・インデックス・リビングは14年11月、行政都市プトラジャヤにあるIOIシティモール内に開業したマレーシア1号店のほか、ジョホール州、スランゴール州、クランタン州の計4店舗を営業している。


関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のえとであるいぬ年…(01/24)

17年新車販売、微減の57.7万台 向こう5は年2%成長=自動車協(01/24)

12月の新車販売、16%減の5.5万台(01/24)

RM=28.1円、$=3.92RM(23日)(01/24)

MRT事業の落札、ガムダの合弁が有力(01/24)

GHL、アリペイ事業を比に拡大(01/24)

漢方ハイオー、台湾ウイスキー独占販売へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン