【第8位】現代自の販売ブレーキ、米中市場で苦戦

最大手の現代・起亜自動車に、主要市場の米国と中国で販売不振という「逆風」が吹いている。韓国国内でも労働組合のストライキで生産に支障を来すなど、内外で「ダブルパンチ」に見舞われた年だった。 海外不振の主因は、米中両国で人気のスポーツタイプ多目的車(SUV)への…

関連国・地域: 中国韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:亡くした子を記憶するた…(04/24)

韓国官民が中央アジア開拓へ 文氏外遊、現代自は組立工場(04/24)

農林水産への就業増、大手のリストラ余波で(04/24)

自営業者向け融資、今年に入り返済状況悪化(04/24)

スズキ「アルト」、車種別販売で首位を維持(04/24)

ネット銀に課題山積、新規2社も承認難航(04/24)

SKハイニックス、マグナチップ買収か(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

折り畳めるスマホ発売延期、サムスン(04/24)

アプリでEV性能操作、現代自が技術開発(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン