韓国大統領の訪中、経済使節団は過去最大に

13日からの文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国訪問に、主要財閥のトップをはじめとする約260人の財界関係者が同行する。過去最大規模の経済使節団になる。中国に進出している企業は多い上、在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で冷え込んでいた両国関係が改善に向かい始めていることから、各社はこの訪中で新たな商機を狙う。

韓国各紙によると、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、金升淵(キム・スンヨン)ハンファグループ会長、朴廷原(パク・チョンウォン)斗山グループ会長が参加する予定だ。トップが参加できないグループからは、尹富根(ユン・ブグン)サムスン電子副会長、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ副会長、具本俊(ク・ボンジュン)LGグループ副会長、李元濬(イ・ウォンジュン)ロッテグループ副会長らが使節団に加わる。

これら財界関係者は13日午後、韓中ビジネスフォーラムに出席する予定だ。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:時給400円――。10…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

韓国政府、大企業と協力強化へ懇談会開催(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

韓国GSが越で整備士教育、潤滑油PRも(07/18)

業成、サムスンから超音波指紋認証パネル受注か(07/18)

サムスン電子、新型DRAM量産へ(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン