• 印刷する

ワインの張裕、豪キリカヌーンを買収へ

中国ワイン大手の煙台張裕葡萄醸酒(山東省煙台市、張裕)は11日、オーストラリアの同業、キリカヌーン・エステートの株式80%を取得すると発表した。取得額は2,100万オーストラリアドル(約18億円)。

キリカヌーンは1997年の設立。世界的に有名なワイン評論家、ジェームス・ハリデー氏が同社のワインを高く評価し、オーストラリアにおける2013年のベストワイナリーに選ぶなど、手掛けるワインの質には定評がある。

張裕は、キリカヌーンのワインは中国人消費者の好みに合う味だが、中国国内での販売力が弱いと指摘。張裕の販売網を活用して拡販を目指す考えだ。

キリカヌーンの2016年6月30日~17年6月30日の売上高は1,100万オーストラリアドルだった。17年6月30日時点の総資産は2,200万オーストラリアドル、純資産は1,200万オーストラリアドル。

北京商報によると、張裕は13年に海外の同業の買収や海外メーカーとの提携を開始した。スペインの「アトリオ(愛欧公爵)」、フランスの「シャトー・ミルフルール(蜜合花)」、イタリアの「ドネリ(多来利)」といったブランドのワインを中国国内で販売しているが、いずれも国内での知名度が上がらず、拡販に苦戦している。業界関係者はキリカヌーンに関しても「中国市場でブランドとして優位性を築けていない」として、買収には一定のリスクが伴うとの見方を示している。


関連国・地域: 中国-山東オーストラリア
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

LCCのセブ航空、4月にセブ―上海便就航(19:28)

化学品の安全徹底を、国務院が緊急通達(21:53)

科技大、本土AI企業と共同研究(20:28)

テイクオフ:「念ずれば通ず」という…(03/26)

BYD、電気バスを日本投入 24年までに1千台、価格に自信(03/26)

電力公社がラオスと買電契約、21年まで(03/26)

保険料率の引き下げ、失業と工傷も=財政相(03/26)

華為、昨年の個人顧客部門は36%成長(03/26)

出産保険と職工医療保険を統合、年内に(03/26)

習氏、米政権をけん制=仏大統領と会談(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン