中小企業の半数、「賃金引き上げで人員削減」

韓国経済新聞が中小企業の社長102人にアンケートを行ったところ、最低賃金の引き上げなどへの対策として約半数の49%の企業が人員削減、新規採用の縮小を計画していることが分かった。政府が推進している「2020年に最低賃金時給1万ウォン(約1,042円)」政策についてはわずか9.6%…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の公教育は崩壊した…(04/24)

【日本の税務】赴任国の社会保障制度(04/24)

洗濯機の対米輸出が45%減 セーフガード発動が影響(04/24)

韓進グループを家宅捜索、密輸・脱税容疑で(04/24)

中小企業の85%、海外進出で苦境打開へ(04/24)

タタ「ティアゴ」販売好調、小型車で2位に(04/24)

VC投資が過去最高、ITやバイオで伸び(04/24)

LG電子、中古スマホの下取りサービス(04/24)

国別のスマホ価格、5月から政府が公開(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン