中国銀行、11月末時点の貸出額20億ドル

中国銀行(香港)プノンペン支店は、今年11月末までの7年間で累計貸出額が20億米ドル(約2,270億円)を超えたことを明らかにした。高棉日報(電子版)などが伝えた。

陳長江支店長が8日、首都プノンペンのホテルで開いた得意客との交流パーティーの席上で明らかにした。陳支店長は「中国企業の海外進出に加え、カンボジアの経済と市民生活を力強く支えている」と振り返った。

11月末時点でプノンペン支店の預金残高は7億3,000万米ドル、貸出残高は5億7,000万米ドルに達している。総資産は外銀を含むカンボジア銀行業界で4位、預金残高、利益、貸出残高はいずれも7位。


関連国・地域: 中国香港カンボジア
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

EUが税優遇継続を精査 調査踏まえ、縫製協会は楽観(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

首都空港に新貨物ターミナル、1億ドル投資(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

18年の経済成長率7%、中銀予測(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

チップモン、首都にモール3カ所建設中(07/18)

センチュリー21、不動産は今後10年成長(07/18)

商銀と小口金融、1~6月の融資19%増(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン