マグノリアが複合施設開発、3千億円規模

「フォレスティアス」の完成予想イメージ(マグノリア提供)

「フォレスティアス」の完成予想イメージ(マグノリア提供)

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ系列の不動産開発会社、マグノリア・クオリティー・デベロップメント(MQDC)は7日、バンコク郊外で自然とコミュニティーの融合をうたった複合開発事業「フォレスティアス」に着手すると発表した。事業総額は900億バーツ(約3,100億円)。来年に着工し、2022年の完工を目指す。

開発用地は300ライ(48ヘクタール)で、バンコク東郊サムットプラカン県のバンナー・トラート通り沿いに位置する。住宅や商業施設、オフィス、ヘルスセンター、イノベーションセンター、ラーニングセンターなどから成り、森を周囲に配置する。

米ハーバード公衆衛生大学院が人体への影響に関するデータ収集や科学的なリサーチを担当。マグノリアは、従来にない一段上の健康的な生活を送れるとしてアピールしている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 金融・保険商業・サービス建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:雨が多くなるこの時期、…(05/23)

サービスアパートの供給復調 9年ぶり高水準、日本人需要高く(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

4月の輸出12%増、工業製品・農産物が好調(05/23)

GSユアサ、ティラワに輸入・卸販売拠点(05/23)

トヨタ、ミレニアル向けショールーム開設(05/23)

矢崎など3社、求荷求車サービスを開始へ(05/23)

PPP優先事業、3件1.55兆円の承認求める(05/23)

バス業界が値上げ申請、軽油価格上昇で打撃(05/23)

配線材料大手の華偉、タイ・ラヨーン県に新工場(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン