高速鉄道のPDP、来年1Qに決定

マレーシア・クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業を主管するマレーシア政府系企業「MyHSR」は、2018年1~3月(第1四半期)にプロジェクト納入パートナー(PDP)の落札企業を発表する見通しだ。国営ベルナマ通信が7日に伝えた。

MyHSRのトニー・イープ・コマーシャル・ディレクターによると、PDPの入札は18年1月末まで受け付ける。既に建設大手のガムダが不動産開発大手マレーシアン・リソーシズ・コープ(MRCB)と組んで参加する意向を明らかにしているほか、地場建設大手のIJMコープの子会社IJMコンストラクションもSCSB、ジャリナン・レジャン、マルチムル・リソーシズとのコンソーシアム(企業連合)を結成して応札すると表明している。

また、マレーシア陸路公共交通委員会(SPAD)のマーク・ローダー・プロジェクト納入担当ディレクターは、マレーシア国内のHSR路線についても最終案を来年3月までに提出し、確定すると述べた。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、向こう5年で70機調達(02/16)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

保険IAG、アジア事業の売却を検討(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

テイクオフ:配車アプリを利用して空…(02/15)

GDP成長率、17年は5.9% 民間投資と輸出がけん引=中銀(02/15)

識者に聞く:18年も底堅い成長を堅持(02/15)

RM=27.3円、$=3.92RM(14日)(02/15)

3油種とも下落、RON95は2.23リンギ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン