高速鉄道のPDP、来年1Qに決定

マレーシア・クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業を主管するマレーシア政府系企業「MyHSR」は、2018年1~3月(第1四半期)にプロジェクト納入パートナー(PDP)の落札企業を発表する見通しだ。国営ベルナマ通信が7日に伝えた。

MyHSRのトニー・イープ・コマーシャル・ディレクターによると、PDPの入札は18年1月末まで受け付ける。既に建設大手のガムダが不動産開発大手マレーシアン・リソーシズ・コープ(MRCB)と組んで参加する意向を明らかにしているほか、地場建設大手のIJMコープの子会社IJMコンストラクションもSCSB、ジャリナン・レジャン、マルチムル・リソーシズとのコンソーシアム(企業連合)を結成して応札すると表明している。

また、マレーシア陸路公共交通委員会(SPAD)のマーク・ローダー・プロジェクト納入担当ディレクターは、マレーシア国内のHSR路線についても最終案を来年3月までに提出し、確定すると述べた。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:プライベートや仕事を通…(12/12)

ハラル和牛の市場認知度向上へ 日本産牛肉、店頭売り開始(下)(12/12)

文秀ホンダ、生産5百万台の記念式典を開催(12/12)

HSR、1時間に4本運行=2本がシンガ直通(12/12)

RM=27.8円、$=4.07RM(11日)(12/12)

燃油価格決定制度、来年下期に見直しへ(12/12)

環ボルネオ道、年内に10事業の業者選定(12/12)

日系2社、地方創生デジタルマーケ事業開始(12/12)

ITラフコム、みらい創造機構と提携(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン