空港運営AP2、23年までに95兆ルピア投資

インドネシアの国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)2は、首都ジャカルタの空の玄関口であるスカルノ・ハッタ国際空港やスマトラ島にある空港の拡張に、2023年までに94兆9,000億ルピア(約7,870億円)を投資する。投資額の過半をスカルノ・ハッタ空港に割り当てる。7日付ジャ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:トランプ米大統領がエル…(12/12)

ハラル和牛の市場認知度向上へ 日本産牛肉、店頭売り開始(下)(12/12)

【この人に聞く】1年でMRO商品を10万品目 モノタロウ、通販で市場に新機軸(12/12)

三菱自動車、EVの普及拡大で政府と覚書(12/12)

圧縮天然ガス車普及で実証事業、NEDO(12/12)

五菱のMPVリコール、国内事業に影響なし(12/12)

板金機械アマダが現法設立、直販体制へ(12/12)

配車アプリのゴジェック、3年以内に上場へ(12/12)

製造業の成長率、来年は5.67%目標(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン