トヨタとホンダ、来年から値上げへ

トヨタ自動車とホンダは、来年1月からインドで販売する乗用車を値上げする。原材料コストの上昇などが背景にある。

トヨタは最大3%の値上げを検討している。一方、ホンダは現時点で値上げ幅は明らかにしていない。両社とも値上げするモデルについては言及しなかった。

日系では先に、いすゞ自動車が来年1月1日から販売価格を3~4%引き上げる方針を表明。外資では、独フォルクスワーゲン(VW)傘下のシュコダが、同日から2~3%値上げすることを明らかにした。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

タタ自とフォード、1月から値上げ(13:22)

テイクオフ:駐在員が異動前に不用に…(12/12)

乗用車販売、11月は14%増 昨年の高額紙幣刷新で反動増(12/12)

UV販売、11月は44%増の7.8万台(12/12)

M&M、韓国・双竜自の電動化検討(12/12)

〔政治スポットライト〕アダニ融資問題、QLD労働党の優先事項に(12/12)

メルセデス、向こう2年で販売倍増も(12/12)

EVヒーロー、複数の組立工場設置を検討(12/12)

せとうち、ムンバイで水陸両用機の試験飛行(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン