現代自、セダン「アスラン」を生産中止

現代自動車が今月いっぱいで中型セダン「アスラン」の生産を中止する。同社の広報担当者がNNAとの取材で明らかにした。2014年3月に販売を開始したが、同社大型セダン「グレンジャー」人気を上回れず販売が低迷していた。

同担当者によると、高級車「ジェネシス」ブランドの育成に力を入れる一方、社内で現代自ブランドの旗艦セダンの選定が必要だとの声が高まっていたという。そこで、高級感のある「グレンジャー」に白羽の矢が立ち、社内では存在感が薄れていた。

同社は生産中止後も、アスラン購入者へのサービスは継続する。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏にいた約四半世紀…(02/16)

首相、韓国と北朝鮮の五輪外交評価(02/16)

昨年のラオス新車販売3.2万台 2年連続減、今年は増加予測(02/15)

ラオス観光年、ホテル宿泊増に期待(02/15)

サムスン電子、体験型店舗をパラゴンで開業(02/15)

テイクオフ:平昌冬季五輪の開会式が…(02/14)

韓国GMが群山工場閉鎖 赤字脱却への一歩、政府と労組反発(02/14)

韓国ガス公社、LNG価格巡り仲裁申し立て(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン