現代自、セダン「アスラン」を生産中止

現代自動車が今月いっぱいで中型セダン「アスラン」の生産を中止する。同社の広報担当者がNNAとの取材で明らかにした。2014年3月に販売を開始したが、同社大型セダン「グレンジャー」人気を上回れず販売が低迷していた。

同担当者によると、高級車「ジェネシス」ブランドの育成に力を入れる一方、社内で現代自ブランドの旗艦セダンの選定が必要だとの声が高まっていたという。そこで、高級感のある「グレンジャー」に白羽の矢が立ち、社内では存在感が薄れていた。

同社は生産中止後も、アスラン購入者へのサービスは継続する。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

クボタ、ヤンゴン2工区の上水整備受注(12:20)

接待規制法を一部改正、贈り物や慶弔費など(12:24)

テイクオフ:今の韓国は若者にとって…(12/12)

【アジアで会う】金承福さん 出版社「クオン」経営者 第181回 本でつなぐ日韓文化(日本)(12/12)

現代自にウォン高の逆風 日系が価格競争力で優位に(12/12)

高額の税金滞納者、2万人超のリスト公開(12/12)

産業銀、中国工商銀と通貨スワップ締結へ(12/12)

M&M、韓国・双竜自の電動化検討(12/12)

板橋第2テクノ団地、支援企業を拡大(12/12)

【アジア取材ノート】「韓国の秋葉原」、50年ぶりリニューアル(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン