新会社法が成立、外資出資規制など緩和へ

ミャンマーで6日、新会社法が成立した。英領時代の1914年に施行された旧会社法に代わる1世紀ぶりの新法で、数カ月以内にも施行される見込み。外資規制の緩和で海外からの投資の呼び込みに弾みが付くと期待される。 11月23日に議会を通過した法案にティン・チョー大統領が署名し…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

7月のFDI認可4.3億ドル 今年の単月最高、製造業好調(08/21)

中銀、民間銀との通貨スワップ取引を認可へ(08/21)

砂糖・燃油の再輸出認可、ドル高で一時中止(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

通貨安で、税率引き上げの延期提案(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

11月補選、9月3日から地方遊説開始(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

地場アウバ、民間初の農薬工場を稼働(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン