ホンダ四輪、11月販売は前月比7%減

ホンダのインドネシア四輪製販法人ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は5日、11月の新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース)が1万5,811台だったと発表した。前月から7%減少した。 低価格・低燃費車(LCGC)の「ブリオ・サティヤ」が4,647台、小型スポーツタイプ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月、というより週末…(02/19)

1月新車販売台数は9万台に 前年比11%増、購買力が回復か(02/19)

メルセデス・ベンツ現法、ガイキンド除名に(02/19)

三菱自、板金塗装が可能なディーラーを開店(02/19)

1月の二輪輸出、34%増の3.8万台(02/19)

首都空港、3月から空港税を最大73%値上げ(02/19)

東南アジア事業を売却か 米ウーバー同業へ(02/19)

マレーシアと中国企業、西パプアに石化工場(02/19)

EUパーム油規制、伊はインドネシアを支持(02/19)

飲食品産業、1割成長期待も政策支援を要請(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン