テイクオフ:行政都市プトラジャヤで…

行政都市プトラジャヤで配車サービスを利用すると、マレー系の公務員が多い土地柄からか、英語が苦手な運転手に出会うことが多いように思うのは気のせいか。しかし、つい先日もそんな出会いがあった。

受話器越しに「ピンク・カー、オポジットサイド!」の連呼。どこの反対側?と尋ねても、さまざまな単語が散発で伝えられてきて、ようやく会えた時には汗だくだった。

げんなりしていると、中年男性運転手がニヤリと笑う。次は何かと思えば、「ユー・アー・ジャパン?ギブ・ジャパン・ソング!」。突然、車内に松田聖子の「あなたに逢いたくて」が流れ出した。「あなたに~」の部分だけを彼は聖子ちゃんと一緒に何度も合唱し、後部席を振り向きニヤリ。動画サイトから録音したという。今までのことを許せてしまう陽気なおじさん。もう少し話したいなと思い始めた頃に目的地に到着してしまった。(海)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア、向こう5年で70機調達(02/16)

【アジア三面記事】ミルクがこぼれるコーヒーショップ(02/16)

保険IAG、アジア事業の売却を検討(02/16)

日系ブランド車はシェア79% ASEAN、中国の影響見られず(02/15)

テイクオフ:配車アプリを利用して空…(02/15)

GDP成長率、17年は5.9% 民間投資と輸出がけん引=中銀(02/15)

識者に聞く:18年も底堅い成長を堅持(02/15)

RM=27.3円、$=3.92RM(14日)(02/15)

3油種とも下落、RON95は2.23リンギ(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン