力晶が中台に新工場建設へ、5Gなどに対応

ファウンドリー(半導体の受託製造)などを手掛ける力晶科技(パワーチップ)の黄崇仁執行長は5日、中国と台湾にそれぞれ1カ所ずつ新工場を建設する方針を明らかにした。第5世代移動通信システム(5G)や人工知能(AI)時代の到来によるウエハー需給のひっ迫を見越した決定…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

今年の半導体市場は8%成長 TSMC董事長、最後の業績説明会(01/19)

中油の共同出資会社、越に潤滑油混合プラント(01/19)

中油が米国からLNG調達、総額107億ドル(01/19)

【アジア業界地図】自動車(東アジア編)(01/19)

中油のLNG供給センターで爆発、5人けが(01/19)

屏東農科が敷地拡張、年産額180億元規模に(01/19)

健保署、医療クラウドで検査データを共有(01/19)

ペット関連業者の営業税納付、国税局が念押し(01/19)

クリスティーズの高級物件販売、台湾人に照準(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン