• 印刷する

マクドナルド、カフェ型店舗が急成長

米系ファストフードチェーン「マクドナルド」を展開するマクドナルド・マレーシアのカフェ事業が好調だ。アズミル・ジャアファル社長がこのほど記者会見で明らかにしたところによると、カフェ型店舗「マックカフェ」は2012年から年平均50%のペースで成長。今後も店舗新設などによって、さらなる増収を目指す。5日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

マックカフェは競合店の半額という安値を売り物に業績を伸ばしており、現在は約200店を展開している。アズミル社長によると、年平均50%という成長率はカフェ業界全体の約30%を大きく上回る水準。国内カフェ市場でのシェアは1%にとどまっているものの、さらに拡大すると見込んでいる。

マクドナルド・マレーシアは今年、これまでにマックカフェに約1,000万リンギ(約2億8,000万円)を投じ、新店舗開設や新商品の投入を進めている。向こう数年間は同規模の投資を行い、年10~15店のペースで新規出店する計画。2018年はドライブスルー、デリバリー・サービスを導入する予定だ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

自社製造のハラル食品試験販売 キュアテックス、日本料理も提供(11/20)

テイクオフ:マレーシア華人の友人に…(11/19)

GDP成長率、3Qは4.4% 4四半期連続で低下続く(11/19)

対外純負債、7~9月時点で1122億リンギ(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

RM=27.0円、$=4.19RM(16日)(11/19)

宝印刷、地場の翻訳通訳会社を買収(11/19)

10月の新車販売、前年同月比0.5%増(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン