• 印刷する

越系携帯マイテル、年初からSIM販売

ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)系で、ミャンマー4番目の携帯電話サービス事業者ミャンマー・ナショナル・テレ・アンド・コミュニケーションズ(MNTC)は、来年初めに携帯電話サービス「マイテル(Mytel)」のSIMカードの販売を始める予定だ。通信網構築の進捗(しんちょく)率は50%を超えているという。

イレブン電子版によると、MNTCの投資額は、ミャンマー政府に支払うライセンス料3億米ドル(約330億円)を含め、現時点で約10億米ドル。MNTCは最新の通信網を構築してサービスを提供する。

ベトテルは、同社がラオスとカンボジアではサービス開始から2年、東ティモールでは1年で国内最大の事業者に成長したことに言及し、ミャンマーでも国内最大事業者を目指すとしている。

ミャンマー市場での企業別シェアは現在、国営ミャンマー郵電公社(MPT)が42%、ノルウェーのテレノールが35%、カタール系Ooredooが23%となっている。

MNTCは、ベトテルと地場企業11社が出資するミャンマー・ナショナル・テレコム・ホールディング、ミャンマー国軍系のスター・ハイの合弁事業で、今年1月に運輸・通信省から正式な事業免許を取得した。通信網の構築に20億米ドルを投資する計画だ。


関連国・地域: ベトナムミャンマー
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

ロヒンギャ帰還実現せず、準備完了も安全懸念(08/23)

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

貿易赤字が前年同期比で6割減、7月まで(08/23)

ヤンゴン空港に24時間営業の高級ラウンジ(08/23)

縫製品CMP輸出額、現時点で38億米ドル超(08/23)

韓国への漁業労働者派遣を開始、まず20人(08/23)

ミャンマー不動産サイト、300万ドルを調達(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン