ジョリビー、インドネシアで150店展開構想

フィリピンの外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)はこのほど、2019年にファストフードチェーン「ジョリビー」の1号店をインドネシアに開設し、向こう10年間で150店舗以上を展開する構想を明らかにした。13年に進出し、5店舗を展開するシンガポールでは、向こう5年間でさらに15店舗を新設する考え。地元メディアABS―CBNなどが伝えた。

JFCのデニス・フロレス国際事業(欧州・中東・アジア・オーストラリア)担当社長は、シンガポールに多く住むフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)をターゲットに、13年から同国で展開するジョリビーの店舗ではシンガポール人顧客の割合が半数を占めるようになり、「事業は新たな段階に達している」と指摘。海外展開では、鶏肉が好まれるインドネシア市場を無視できないとの認識を示した。

同氏によると、シンガポールでは来年4月に西部のジュロン地区に6店舗目を開設する。このほか、マレーシアとマカオへの進出も目指している。

JFCは9月末時点で、国内で1,023店のジョリビーを運営。海外ではベトナム(93店)、ブルネイ(15店)、香港(4店)、米国(36店)、サウジアラビア(11店)など12カ国・地域で計186店展開する。


関連国・地域: シンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

電動三輪普及事業の期限、来年5月に延長(17:26)

コカコーラ、砂糖供給減で生産制限(17:27)

建材ウィルコンデポ、出店ペースを加速(17:27)

テイクオフ:「洗車しはじめると雨が…(06/20)

順調なインフラ整備を強調 比経済閣僚が東京で説明会(06/20)

年内にインフラ30事業始動、総額2.2兆円(06/20)

JTの現地工場に太陽光パネル、東南ア最大(06/20)

19日為替:$1=53.440ペソ(↑)(06/20)

メトロパシ、165億円でカビテに物流基地建設(06/20)

首都圏モノレール、年内に機材調達業者選定(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン