【為替マーケット分析】米感謝祭前後のよくある光景

■これまでの動き 先週は、木曜日が日米休場であったせいもあり、短期筋の取引が中心であった。例年米感謝祭前後はポジション調整が先行することが多く、動きが見られてもトレンドにはなりにくい傾向がある。 「ドイツの連立政権協議が決裂」との報道でのユーロの全面安から一週…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ワイシャツを近所のクリ…(08/14)

NTT、シドニーにイノベ拠点 最大200人分の雇用創出(08/14)

ブルースコープ、国内好調で13年来最高益(08/14)

資源BHPとリオ、傘下事業のIPO検討か(08/14)

QLD輸送の継続命令、オーリゾンに仮処分(08/14)

FW委、カジュアル雇用の常勤化拒否を制限(08/14)

PE参画の豪M&A総額、47%増加(08/14)

税申告の怪しい経費、国税局から書簡で減少(08/14)

豪経済、20年末まで高成長を維持=RBA(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン