マヒンドラ、EV調達の第2回入札に参加へ

インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は、公営エナジー・エフィシェンシー・サービシズ(EESL)が実施する電気自動車(EV)の調達に向けた第2回入札に参加する方針だ。パワン・ゴエンカ社長の話として、PTI通信などが24日伝えた。 EESLは政府公用車…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ビールは売り切れだ。…(02/20)

売上高、過去4年で30倍に 新鋭ドラフトビールのビラ91(02/20)

豪米、インフラ融資枠議論へ 日印連携で中国の一帯一路に対抗(02/20)

UV市場、成長はスズキと現代の2社頼み(02/20)

マヒンドラ、EV事業に40億ルピーを投資(02/20)

車部品マザーサン、ミラー工場を南部に新設(02/20)

港湾PSA、トゥアス港で無人搬送車導入へ(02/20)

アンペリア、カルナタカにEV用の電池工場(02/20)

分離の南部2州、製鉄所建設へ前進(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン