• 印刷する

中国人労働者の大量流入、「好ましくない」

インドネシアのユスフ・カラ副大統領は27日、来訪した中国の劉延東副首相に対して、中国企業はインドネシア投資に際して大量の中国人労働者を引き連れて来るべきではないとの考えを示した。テンポ(電子版)が同日付で伝えた。

首都ジャカルタの大統領宮殿で行われた劉副首相との会談で述べた。カラ副大統領によると、劉副首相はこれに同意したという。副大統領はさらに、中国が自国企業の事業ニーズに合ったインドネシア人の人材をインドネシアか中国で訓練・研修するよう要請した。

教育や原子力発電を含むインドネシア・中国両国の協力拡大についても話し合われた。カラ副大統領は、インドネシアが地震国であることを理由に、中国の協力による原発建設に否定的な考えを伝えた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアでは食事の油…(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

アジア大会で5G体験サービス、KT(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

地震の死者12人に、2千棟被害(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

ジャカルタ直行便就航を、愛知知事呼び掛け(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

ペリンド2、内陸運河事業で工業団地新設へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン