中国人労働者の大量流入、「好ましくない」

インドネシアのユスフ・カラ副大統領は27日、来訪した中国の劉延東副首相に対して、中国企業はインドネシア投資に際して大量の中国人労働者を引き連れて来るべきではないとの考えを示した。テンポ(電子版)が同日付で伝えた。

首都ジャカルタの大統領宮殿で行われた劉副首相との会談で述べた。カラ副大統領によると、劉副首相はこれに同意したという。副大統領はさらに、中国が自国企業の事業ニーズに合ったインドネシア人の人材をインドネシアか中国で訓練・研修するよう要請した。

教育や原子力発電を含むインドネシア・中国両国の協力拡大についても話し合われた。カラ副大統領は、インドネシアが地震国であることを理由に、中国の協力による原発建設に否定的な考えを伝えた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

国営石油子会社、オガン鉱区の運営引き継ぎ(18:02)

バタムの商議所、経済特区移行に反対(16:37)

外国人雇用の大統領令、近く実施細則を公布(16:17)

テイクオフ:遊びに来ると言っていた…(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

国内最大オートショー、37ブランドが出展(05/23)

医療法人の偕行会、医療観光客の誘致強化(05/23)

南スマトラ州パレンバンのLRTが試運転(05/23)

西ジャワ州の新国際空港、24日に供用開始(05/23)

高速道路5区間、年内に入札実施へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン