クルーズ船の観光客、年内に100万人突破へ

台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務の統計によると、今年1~10月までに台湾を出入港したクルーズ船の観光客数は、延べ83万9,000人に達し、前年同期比23%増加した。今年通年では、台湾を出入港するクルーズ船の観光客数が延べ100万人を超え、アジア第2の規模になる見通しだ。自由時報が伝えた。

台湾を出入港したクルーズ船は延べ544隻で、前年同期比29隻増加した。関係者によると、台湾人旅行客のうち、クルーズ船に乗船した人は3~4%にとどまるが、毎年30%増のペースで成長する見込みがあるという。

プリンセス・クルーズのマーケティング・ディレクターである陳欣徳氏は、「今年台湾には約30社の国際クルーズ船が寄港した。来年も引き続き伸びる」と予想。2018年には、米国を拠点とするカーニバル・コーポレーション傘下のプリンセス・クルーズが運航する「マジェスティック・プリンセス(中国語名:盛世公主号)」「サン・プリンセス(太陽公主号)」「ダイヤモンド・プリンセス(鑽石公主号)」の3種類のクルーズ船が、少なくとも延べ50回寄港する予定。

イタリアを拠点とするコスタ・クルーズも、18年1月に「コスタ・フォーチュナ」が3回、2~3月には「コスタ・ネオロマンチカ」が3回それぞれ寄港。第1四半期(1~3月)だけで17年の半年分に相当する数が寄港する予定。香港拠点のクルーズ運航世界大手、スタークルーズ(麗星郵輪)も、5月までに「スーパースター・ヴァーゴ」「スーパースター・アクエリアス」など計48回寄港する予定だ。

プリンセス・クルーズが運航する「ダイヤモンド・プリンセス」(同社提供)

プリンセス・クルーズが運航する「ダイヤモンド・プリンセス」(同社提供)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 商業・サービス運輸・倉庫観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自動運転車と聞くと真っ…(05/23)

EC蝦皮、今年夏に倉庫増設 19年末に人員2倍、台湾で首位固め(05/23)

日亜化学、特許侵害でASUS日本を提訴(05/23)

国巨が米通信機器パルスを7.4億ドルで買収(05/23)

広達、グーグル向けARディスプレイ開発か(05/23)

メモリーモジュール宜鼎、宜蘭にR&Dセンター(05/23)

鴻海系の富智康、ノキアブランドHMD株取得(05/23)

配線材料大手の華偉、タイ・ラヨーン県に新工場(05/23)

潤泰精密材料、洋上風力発電向けグラウト材開発(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン