IPv6の普及促進、10年内に世界最大規模

中国共産党中央弁公庁と国務院(中央政府)弁公庁は26日、次世代インターネット・プロトコル(IP)のIPv6普及に向けた行動計画を発表した。今後5~10年で世界最大規模となる商用化IPv6網の構築を目指す。 計画では、2018年末までにIPv6のアクティブユーザー数を2…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

米国債保有残高、7カ月連続で中国が首位(02/16)

郵船ロジ、初の鉄道一貫輸送サービスを開始(02/16)

上海が半導体装置・材料基金、産業育成へ(02/16)

伊藤忠が台北101の第2位株主に、投審会認可(02/16)

中国製車両ホイール、AD関税継続を検討(02/16)

飲料タイビバ、17年10~12月は減収減益(02/16)

ヤンゴン空港、中国人客向け「べからず集」(02/16)

【カンボジア経済通信】中国首相が訪問、大盤振る舞い続く 第331回(02/16)

CSL、世界の製薬業界の買収合戦から距離(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン