• 印刷する

マグノリアの高級コンド、売約率8割超

「マグノリア・ラチャダムリ・ブルーバード」の住居部分の様子=27日、バンコク(NNA撮影)

「マグノリア・ラチャダムリ・ブルーバード」の住居部分の様子=27日、バンコク(NNA撮影)

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ系列の不動産開発会社、マグノリア・クオリティー・デベロップメント(MQDC)は27日、バンコク中心部のラチャダムリ通りで高級複合施設「マグノリア・ラチャダムリ・ブールバード」を開設した。コンドミニアム(分譲マンション)の売約率は80%に達しているという。

複合施設はホテルとコンドミニアムから成り、コンドミニアムは全316戸。購入者の比率はタイ人と外国人が50%ずつ。居住目的が60~70%、貸し出し目的が30~40%となっている。外国人は台湾、香港、シンガポールなど。既に100戸ほどの受け渡しが完了した。残る20%は2ベッドルーム(72~106平方メートル)が中心で、分譲価格は1戸2,000万バーツ(約6,800万円)から。ペントハウスは8戸中4戸が残っている。来年半ばの完売を目指す。

ホテル部分は5つ星ホテル「ウォルドーフ・アストリア・バンコク」が来年第1四半期(1~3月)に開業する予定。ウォルドーフ・アストリアの世界29軒目となる。

来月14~31日には1億バーツ超を投じ、同施設の壁面を利用した3Dプロジェクションマッピングのイルミネーションイベント「ビューティフル・バンコク・バイ・マグノリア」を開催する。上映は午後7時から15分毎に5回。31日はカウントダウンに合わせ、午後11時55分にも上映する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(13:29)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(17:34)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

ベスパ、プリマベーラ50周年記念モデル発売(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン